自動車の廃車買取は損しない?

自動車の解体・廃車

愛車を廃車する際には少しでも高く買取してもらいたいですよね。

廃車には通常2種類の手続き方法があります。ひとつは自動車を2度と利用できないように解体した後に行う永久抹消登録手続きです。もうひとつは自動車を解体しないで、一時的に廃車状態にするための一時抹消登録手続きです。廃車・解体する際にはこのどちらかが必要となります。では廃車買取をしてもらう場合、どこで自動車を処分するのがよいのでしょうか。次の自動車を買う場合、購入するショップで車の下取りを行っていますが、新車を販売しているディーラーや販売店は車を売ることが専門のため、下取り価格は買取り専門店の方が高くなる傾向があります。

中古車の買取専門店は買取った車を中古車として市場に流通させるため、使用年数が10年以上であったり走行距離が多い自動車は商品としての価値が低く、買い取ってもらうどころか2万円~3万円の廃車費用を請求されることもあります。廃車買取り専門店でも新車登録から10年以上、走行距離が12万キロを超える場合はそれほど高く買取ってもらえることは期待はできませんが、廃車費用を請求されることはほとんどありません。しかし重量税や自賠責保険の解約金についても買取価格に含まれてしまうケースがあり、車検の有効期間が残っている際に解体を行うことで戻ってくる各種法定費用については計算して還付される料金の確認をしましょう。普通に廃車する場合と廃車買取した場合でどちらが特になるか、自分で比較して決めます。このように自動車を処分する方法はいくつかありますので、少しでも高く買取ってもらえる方法をさがすべきでしょう。